下鴨の原生林に囲まれた重要文化財 旧三井家下鴨別邸は、大正14年に竣工されました。「光の現代美」は、その簡素な美しさと現代の表現者が呼応する催しです。 昼の部では、通常非公開の主屋2階や茶室において、伝統を継承する表現者と時代を拓く表現者による数々の作品展示。暮らしの灯、祈りの光、日本の伝統色や天然の色彩で構成します。京都で初めての展示となる中国の2作家は、日本への旅を通じて両国の文化を照らしだします。 夜の部では、初の夜間公開となる庭園を散策していただき、望楼を頂く建物全体と庭園を染めるライトアップをお楽しみいただきます。日本の伝統色を基調とする光は、建物が呼吸するかのように、室内から外へと放たれます。 企画・運営の「芸術計画・超京都」は、2010年にアートフェア開催より活動を開始しました。このたびは、京都のアートシーンをより多角的に構想するため、初のテーマ展開催となりました。 冬の訪れを祝う冬至祭のように、皆様とともに街の喧騒を離れた下鴨に集うことができましたら幸いです。ぜひご来場ください。
<主催など>
主催:芸術計画 超京都
   京都市文化財公開施設
    運営管理事業受託コンソーシアム
   【構成団体】
    公益社団法人京都市観光協会
    賀茂御祖神社
    株式会社曽根造園
    三井不動産レジデンシャルサービス関西株式会社
共催:京都市
助成:一般財団法人ニッシャ印刷文化振興財団
後援:公益財団法人京都市芸術文化協会
協賛:株式会社SGC
   株式会社サンエムカラー
   北陵電工株式会社
協力:株式会社エイトブランディングデザイン
   sakishiraz
   星空間
   株式会社竹尾
   株式会社ハートス
<問い合わせ>
〇旧三井家下鴨別邸に関すること
 旧三井家下鴨別邸
 TEL 075−366−4321
〇事業に関すること
 芸術計画 超京都
 TEL 075−341−0222